お父さんにも感謝を! ~父の日はどうしてできたの?~

父の日はアメリカで作られた。

時は今からさかのぼること100年以上の1861年。

ソノラという女性がの父親が南北戦争で戦地に招集。

父親の留守中、ソノラの母親が女手ひとつで6人の子供を働きながら育てていました。

1865年、南北戦争が終結して父親が復員するも、母親はそれまでの過労が原因で亡くなってしまいました。

それから父親は再婚することもなく、男手一つで子供たちを育て、6人の子供を成人させた後に亡くなりました。

それから時がたち、母の日ができたの聞いて、ソノラは「父親にも感謝の日を!」と牧師協会に嘆願し、1910年、父の日の最初の祝典が開催されました。

その後1966年に大統領告示により6月の第3日曜日が父の日と定められたそうです。

100年以上も歴史があるイベントだったんですね。

 

海産物は母の日より父の日の方が相性が良い!?!

毎年、海産物は母の日より父の日の方が盛り上がります!

魚好きのお父さんに、
いつまでも元気にいてほしいお父さんに、
お酒好きのお父さんに、

といった理由だと思います。

今年はぜひ築地から美味しい海産物を贈ってみていかですか?

ご希望であれば無料でギフトメッセージもお付けします。
(ご注文の際にコメント欄にご記入下さい)