魚群の嫁日記『タコと長芋のガーリック炒め』

意外にも初登場・タコです。

日本はタコの消費量世界一!
全世界の漁獲量の約3分の2を日本で消費しているということですから、タコ好き国家ですね。
もちろん嫁もタコ大好き。

築地魚群では、明石産の真ダコを販売しております。
明石海峡の激しい潮流にもまれて身が引き締まっていてカニをエサとして食べているので
ますますおいしくなっているそうです。
明石ダコの旬は6~8月で麦わら帽子をかぶる時期ということから「麦わらダコ」と呼ばれています。
そんな明石ダコは、旬の時期を待つことにして。。。(店主、よろしくおねがいしまーす!)

今日は遥か彼方アフリカはモーリタニアからやってきた真ダコです。
日本で消費されるタコの半数以上がアフリカ産でモーリタニアやモロッコからやってきます。
現地でタコを食べる習慣はないので、ほぼ日本に輸出するために漁が行われています。
こちらも魚群で販売中です。

タコのカルパッチョをヒントに
オリーブオイル&にんにくの最強コンビで軽く炒めてみました!
2015-04-20-18-41-51_deco

【作り方】
タコは食べやすくぶつ切りにする
長芋も角切りにする
フライパンにオリーブオイル(大さじ1)・にんにくみじん切り(小さじ1/2)を入れて熱し
長芋に焼き色をつける
タコを入れ、にんにく(少々)を追加し、塩・こしょうで味付け、パセリをかけて完成

 

タコも長芋も生食OKのものですので、炒めすぎずに
プリプリ食感とシャキシャキ食感をお楽しみください。
二度目に入れる ”追いにんにく” が風味を増してくれる決め手です。

 

”土用のタコは親にも食わすな”なんて言葉があるんですね~。
そんなに美味しいなら ”土用タコ家族みんなで食べたいな” ~詠み人・嫁~
http://gyogun.net/products/list26.html