魚の知恵袋「10月が旬の魚」

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%82%b1

10月は「実り秋」。
美味しい魚が旬を迎えます。

特に旬な魚は、

鰻(うなぎ)、鰹(かつお)、鯖(さば)、鮭(さけ)、鯖(さば)、
秋刀魚(さんま)、白子(しらす)、鰊(にしん)、ハタハタ、
鱧(はも)、鰡(ぼら)
といったところです。

この中で当店で取り扱っているのは、

鰻(うなぎ)、鰹(かつお)、鯖(さば)、鮭(さけ)、鯖(さば)、
秋刀魚(さんま)、白子(しらす)、鰊(にしん)、ハタハタ
です。

—————————-
1.鰻(うなぎ)
—————————-
%e3%81%86%e3%81%aa%e3%81%8e
土用の丑の日で知られるように夏のイメージが強いですが、天然物の鰻は
10-12月が旬です。

以前のメルマガで取り上げましたが、夏の土用の丑の日は、江戸時代に夏
に売れない鰻屋が困って作った風習なのです。

天然鰻は冬を越すために脂肪をたくわえるので身もやわかくなり
美味しさが増します。

■「うなぎ各種」はこちら・・・

m_319

—————————-
2.鰹(かつお)
—————————-
%e3%82%ab%e3%83%84%e3%82%aa
初夏の「初鰹」に対して初秋の「戻り鰹」。

春に北上した鰹が秋に南下して三陸沖で漁獲されます。

「戻り鰹」は、エサをたっぷり食べているので魚体も一段と大きくなり、
しっかりと脂がのって美味しいです。
「トロ鰹」などと呼ばれることもあります。

■「鰹のたたき各種」はこちら・・・
m_020

—————————-
3.鯖(さば)
—————————-
%e3%82%b5%e3%83%90
今、サンマとともに資源管理が騒がれているサバ。

旬は10-12月。

「秋サバ」「寒サバ」と呼ばれ、この時期のサバは脂のりが
とても良いです。

■「金華サバの開き」はこちら・・・
m_177

■「サバの西京漬け」はこちら・・・
m_130

—————————-
4.鮭(さけ)
—————————-
%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%82%b1
サンマと並び秋の味覚の代表的な魚。

川を遡る途中の成熟までにはまだ間があるものが脂がのっていて
美味しいです。

産卵期が近づくと腹子に栄養を取られて身肉が落ちてしまいます。

■「鮭・サーモン各種各種」はこちら・・・
m_318

—————————-
5.秋刀魚(さんま)
—————————-
%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%9e
名前に「秋」が付いているくらい秋を代表する魚。

北の海から南下してきて本州を通過する時に漁獲。

こと時がもっとも脂のりがよいときです。

■「灰干しさんまの開き」はこちら・・・
m_082

—————————-
6.白子(しらす)
—————————-
%e3%81%97%e3%82%89%e3%81%99
しらすはイワシの稚魚の総称。

旬は3-5月の春と9-10月の秋。地方によって違います。

釜揚げされたしらす干しは、塩だけの味付けでご飯が2杯は
いけます!(笑)

■「しらす」はこちら・・・
m_029

—————————-
7.鰊(にしん)
—————————-

%e3%83%8b%e3%82%b7%e3%83%b3

にしんの卵「数の子」を獲るのには産卵期の春が良いが、
魚自体は秋が美味しいです。

昔は北海道で漁獲されましたが、残念ながら乱獲により激減。

近年は輸入もものがほとんどとなってしましました。

■「子持ちニシン丸干し」はこちら・・・
m_084

—————————-
8.ハタハタ
—————————-

%e3%83%8f%e3%82%bf%e3%83%8f%e3%82%bf
旬は10-12月。

「ブリコ」と呼ばれる卵を持っている雌が珍重されてます。

一口で食べられるハタハタ。

当店で取り扱っている醤油漬けされたハタハタは、火を通すと
醤油の香ばしさとホロッとした身がたまりません。
めちゃくちゃ美味しいです!

■「ハタハタ醤油漬け 6尾」はこちら・・・
m_085