魚の知恵袋「2月が旬の魚」

SSP1506

2月が旬の魚には、

鮟鱇(あんこう)、金目鯛(きんめだい)、鰆(さわら)、鯛(たい)、平目(ひらめ)、

河豚(ふぐ)、竹麦魚(ほうぼう)などがあります。

この中で、当店で取り扱っていないのは河豚(ふぐ)だけですが、今月中には

販売開始予定です!乞うご期待。

珍しい「竹麦魚(ほうぼう)」は、過去1匹だけ売れました!

お買上げ頂いた女性の息子さんが自称魚博士らしく、ほうぼうを色々観察した後、

美味しく召し上がって頂いたようです。

その後、丁寧なお手紙を頂きました。

(ホームページの「お客様の声」に掲載していますのでご覧ください)

では、2月が旬の魚を一つ一つ見ていきましょう。

—————————————————————–
1.鮟鱇(あんこう)
—————————————————————–

旬は12~2月。

冬場の低い水温で身が締まり、味もよくなります。

あん肝(あんこうの肝臓)も、春先の産卵に向けて肥大する時期です。

■あん肝のいろいろ

m_313

—————————————————————–
2.金目鯛(きんめだい)
—————————————————————–

市場には通年出回っていることが多いのですが、旬は12~2月。

身の中まで脂が多く含まれております。

特に千葉外房や伊豆半島沿岸などに生息する金目鯛は、通常の金目鯛と比べて

脂の含有量が非常に多く、”地”金目鯛と呼び名を分けて築地では評価されています。

■地金目鯛

m_098

■金目鯛の漬け魚(西京漬け)

m_074

—————————————————————–
3.鰆(さわら)
—————————————————————–

さわらは回遊魚なので、10月~6月と旬の時期は地域によって異なります。

関東では産卵期前の脂ののった「寒鰆」が人気あり、12~2月が旬です。

身が非常に柔らかいので、煮付けよりも焼きに適してします。

■鰆(鮮魚)

m_125

■鰆の漬け魚(西京漬け)

m_067

—————————————————————–
4.鯛(たい)
—————————————————————–

お祝いの魚といえば鯛。旬は2~4月。

産卵期前のこの時期、色鮮やかさから「桜鯛」と呼ばれ珍重されます。

近年は養殖ものも多く流通しています。

養殖ものは脂ののりがよく、天然ものは身の締まりがよい。好みで選ばれるとよいです。

■祝い鯛(焼き鯛)

m_175

■天然鯛

m_100

—————————————————————–
5.平目(ひらめ)
—————————————————————–

旬は11~2月。

寒いこの時期はやはり脂がのりつつ、身が引き締まって美味しいです。

春から初夏にかけての産卵期を過ぎると、身が痩せて味も劣ります。

ただ養殖技術が発達して、養殖の平目は今では通年を通して流通しています。

■天然平目

m_123